EPC事業


ソーラーシェアリング事業

我が国の農地面積は約450万ha。
その中で耕作の担い手の居なくなった、休耕農地は約30万haあると言われている

高齢化、過疎化、TPP、、、様々な要因で休んでしまった農地
我々はそんな農地をエネルギーと、作物の両方育つ土地として再生させたい

「農業とエネルギーのダブルインカム」

発電した電力は新電力として地域や企業へ販売
耕作した農作物は直接都内消費者へ販売する物流網の構築

時代の変化に合わせ、我々の先輩方が開墾・開田した大切な農地で
新鮮な作物とクリーンなエネルギーを耕作いたします。
 


ファンド事業(現在準備中)

ファンドって?
空き地などに設置された太陽光発電は、発電した電気を20年間も買い取ってもらえる固定価格制度(FIT制度)があります。
この制度を利用した売電事業で収益を狙う太陽光発電投資は、利回りの高さとリスクの低さで大変な人気を集めました。
但し、太陽光発電を自分で所持するには、1000万円を超える高額な初期費用がかかります。

そこで、注目されるようになったのが「ファンド(投資信託)」という投資方法です。
少ない資金で太陽光発電投資を始められること、土地も手間も必要ないことが特徴です。                           

 新電力(現在準備中)

発電所で作ったクリーンなエネルギー
それは持続可能な社会を形成する上でとても重要です

固定買取制度(FIT制度)だけに頼らず、
地域の皆様、またクリーンエネルギーを求める企業様へ提供していきます